いっしょに介護

          〜認知症の母を自宅介護した12年間の記録
           (若年性アルツハイマーおよびピック病の疑い)




心も身体も疲れて涙が止まらない夜。

頑張ってもうまくいかなくて大声で叫びたくなるとき。
すべてを投げ出して忘れてしまいたいとき。
自分はちっぽけで取るに足らない蟻のような存在で
誰も自分のことなど考えてはくれないのだと思うとき。

どうか思い出してください。
あなたと同じように苦しんだり悲しんだりしている人が
大勢いるのだということ、
あなたは決して「ひとり」ではないのだということを。


                ふみ

※このサイトは管理人・ふみが実母の病気と介護について書いたものです。
  素人のレポートですので専門用語など間違いがあるかもしれません。あらかじめご了承くださいませ。